カレー仙人 高野のブログ

このブログでは四柱推命の読み方を中心に、北九州の懐かしい話などを載せていきたいと思います。
「 裏技 」
0
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆占いカフェバーのお知らせ

    占いカフェバーを好評営業中です。
    月曜と木曜・金曜・土曜のオープンになります。
    営業時間は、18時から23時までです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「 裏技 」
    四柱推命に裏技がある。
    料理の世界にも裏技なるものがある。
    その昔、美味しいコーヒーを作るために、
    なんと味の素を入れることをした喫茶店があった。
    笑い話になるが。鰻の蒲焼きに水飴を使う。
    パスタに昆布茶を振り掛ける。ポテトサラダにバターを溶かして入れる。
    バナナジュースには卵のキミを入れる。
    イチゴジュースには卵のシロミを入れる。
    ホットケーキにはバターを溶かして入れる。
    焼き飯はラードが美味くなる。
    河豚指しは河豚を寝かせて新鮮さを落とした方が薄く切れる。
    お茶は二番茶が美味い。
    焼きうどんは乾麺を湯がいて五分間タオルにまいて使う。
    ハンバーグステーキにゼリーを入れて増量させて焼くと、
    肉汁らしいものが増える。
    これは某ホテルの朝食で行われているが。
    裏技にもイカサマがあるので要注意。
    (カレー仙人)
    ----------------------------------------------------

    「推命学と人の相について」を読みたい方は、
    こちらから  ■■Tablet■■ http://tablet.cx/

    ----------------------------------------------------
    18:47 | 裏話 | - | - | - | - |
    「 福袋の話し 」
    0
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ◆占いカフェバーのお知らせ

      占いカフェバーを好評営業中です。
      月曜と木曜・金曜・土曜のオープンになります。
      営業時間は、18時から23時までです。
       
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      「 福袋の話し 」
      福袋の話し。
      直営のブランド店は、本社から福袋が直接送られてくる。
      個数が10個とか15個とか決まっている。
      人気ブランドだけに初売りに福袋目当ての客が並ぶ。
      悪賢いスタッフが10個の福袋を12個まで増やす。
      福袋から一品づつ抜いて、2個の福袋を作る。
      この2個分の売り上げは、スタッフの飲み代に変わる。
      あるブティックであった話しだ。
      正月からせこい話でした。
      (カレー仙人)
      ----------------------------------------------------

      「推命学と人の相について」を読みたい方は、
      こちらから  ■■Tablet■■ http://tablet.cx/

      ----------------------------------------------------
      13:01 | 裏話 | - | - | - | - |
      「 確率? 」
      0

        ・・・・・・・・・・・・・・・・
         
        「 確率? 」

        例えば、今年で30歳になる女性が、
        2月から10月までの間に妊娠すると95%女の子が産まれ、
        11月、12月に妊娠すると男の子が95%産まれる。
        これは中国式産み分けカレンダーに記せられている。
        中国人だと99%の確率で、アメリカ人は85%の確率になる。
        今年、31歳〜34歳になる女性は
        女の子が産まれやすい。
        35歳以降の女性には男児が産まれやすくなる。
        50%以上の確率ではあるが。

        (カレー仙人)
        ----------------------------------------------------

        「推命学と人の相について」を読みたい方は、
        こちらから  ■■Tablet■■ http://tablet.cx/

        ----------------------------------------------------
        14:51 | 裏話 | - | - | - | - |
        「 意図的な大洪水 」
        0

          「 意図的な大洪水 」


          自然災害ではなく意図的に起こされた洪水もある。

          日中戦争の最中に中国国民党が日本軍の進軍を

          阻止するために引き起こした洪水では、

          水死者100万人。

          1942年に農民の反乱を押さえるために軍が起こした洪水では

          30万人以上が死亡した。


          (カレー仙人)

          ----------------------------------------------------


          「推命学と人の相について」を読みたい方は、
          こちらから  ■■Tablet■■
          http://tablet.cx/


          ----------------------------------------------------

          14:40 | 裏話 | - | - | - | - |
          「ベトミン」
          0


            「ベトミン」

            ベトコンのルーツはベトミン。

            日本が占領していたインドネシアを
            中心とした東南アジアから
            フランス人を追い出す為に
            アメリカが意図して育てた民族解放軍、
            これが後のベトナム戦争のベトコンとなる。

            ベトミンを訓練したのが、
            生き残った日本の軍人とさえ言われる。

            だから、とってもタフで、
            アメリカはこの“ベトミン”に手を焼いた。

                                                (カレー仙人)

            -----------------------------------------------------


            「推命学と人の相について」を読みたい方は、
            こちらから  ■■Tablet■■
            http://tablet.cx/


            ----------------------------------------------------

            13:20 | 裏話 | - | - | - | - |
            「昭和19年のペット、犬たち」
            0

               「昭和19年のペット、犬たち」

              日本の敗戦が色濃くなってきた昭和19年。
              福岡市の大濠公園に二、三百頭の犬が集められた。
              どの犬も日の丸のハタを胴に巻いたり、タスキがけをしていた。
              犬を連れて来た飼い主は元気なく、犬も悲しげであった。
              犬捕獲人は次から次へと犬を袋に押し込み、飼い主は泣きながら、犬も悲しげに鳴いていた。
              県下で約五万頭の犬が人目のない所で殺され、皮は塩づけにされて、久留米の指定業者を通じて海軍に納められ、肉は食用として配給された。

              走り出した軍国主義を止めることは誰にも出来なかったのか?
              そして原爆投下。

              小倉と新潟にも落とされていたら…。

              ※「激動の二十年」(毎日新聞社)より一部抜粋。

               

               

                                                  (カレー仙人)

              -----------------------------------------------------


              「推命学と人の相について」を読みたい方は、
              こちらから  ■■Tablet■■
              http://tablet.cx/


              ----------------------------------------------------

              16:36 | 裏話 | - | - | - | - |
              3月22日
              0
                 

                「物言わぬ人々」

                 よく芸能人の流出影像とかが騒がれることがある。


                 例えばこんなことがあった。今は亡き有名歌手のアダルトビデオが一本
                300万円で10本のみ販売されたという。10本を買った人々は「物言わぬ人々」であり、つまり政治家がほとんどであったといわれている。


                 その歌手は謎の死を遂げたが、事件の解明はあいまいである。
                300万の10本で3000万円。


                 こんなことからも流出影像が出てくることもある。約
                10年前の話だ。

                  (カレー仙人)

                21:44 | 裏話 | - | - | - | - |
                11月13日
                0
                    私の知り合いにとても正直者というか、何でも話をしてくれる医者がいます。K大病院の外科医でした。ここ2,3年は連絡を取っていませんからK大病院にいるかは定かではありません。
                   今日書きたいのは、その外科医から聞いた話です。これが真実かどうかは証拠もないので分かりません。が、医者の世界では一般の人には知らされたいない話があるのは事実です。その確たり事実なる話は今は書きません。
                  今日はあのマリリン・モンローの死因について、彼が話してくれた通りに書きます。「マリリン・モンローの死因は、彼女の肛門に注射針の跡があったから、他殺ですよ」。「人間を跡形もなく消せる兵器がすでに開発されていますすよ。ただし髪の毛は残りますが。なんで消すと思います?」と聞かれた私は、「放射線のようなものですか?それとも超光波ですか?」と答えました。どういったものかを詳しく聞く気もなかったので、それ以上は無理に聞き出そうとはしませんでしたが、科学と医学、軍事が結びついているのは皆さんもご存じかと思います。私達の知らないところで、そんなものが作られているとしたら、科学も医学も兵器も紙一重のものなのだな、と思います。マリリン・モンローが仮にそうであったのなら様々な過去の著名人の死因なんていうものも、表向きに謎といわれているものは、疑わしく思えてきます。誰かが、そんなことを探ったり突きとめたりしない人を誰かが作りあげているのではと、コンビニで漫画を立ち読みしている人たちを見て思ったりするのです。

                  レッツ!アクセス!⇒ http://tablet.cx/

                  11:14 | 裏話 | - | - | - | - |

                  11
                  --
                  1
                  2
                  3
                  4
                  5
                  6
                  7
                  8
                  9
                  10
                  11
                  12
                  13
                  14
                  15
                  16
                  17
                  18
                  19
                  20
                  21
                  22
                  23
                  24
                  25
                  26
                  27
                  28
                  29
                  30
                  --
                  >>
                  <<
                  --