カレー仙人 高野のブログ

このブログでは四柱推命の読み方を中心に、北九州の懐かしい話などを載せていきたいと思います。
<< 「 奇数、偶数 ??? 」 | TOP | 「 日本の素晴らしさ 」 >>
「 嗚呼!!グレン・グールド 」
0


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ T a b l e t か ら の ご 案 内  ◆

    新型コロナウイルス対応として、
    カフェの営業は
    当分の間お休みさせていただきます。

    占いは、3密を防ぐため、
    完全予約又は電話鑑定で行います。
    電話 093-953-6616
    店内で密集を防ぐため、
    お連れ様は1名まででお願いいたします。
    --------------------------------------------

    カレー仙人の綴るもうひとつのコラム記事はこちら。
    おい街Actをご覧下さい。この写真をクリック。
    https://oimachiact.themedia.jp/


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「 嗚呼!!グレン・グールド


    昔懐かしい作品を

    皆が皆、何らかの形(想いでも軌跡も)で持っている。

    これを現在に取り出してきて公の目にさらすとしたら。

    勘弁してくれ!と誰もがなるだろう。

    DVD化されない古い映画などは、

    主役をつとめた俳優の演技が余りに大根だと嫌がるもので、

    本人がいなくなったとしても遺言で意志を伝えたり、

    身内の方が権利を譲らないことがある。

    映画や音楽の世界はそういったことが沢山ある。

    過去のものが復刻されるものは良いもの、

    今にも通じる良作となると判断できる。

    日本の戦後の映画を例えると、

    銀幕のスターの若かりし頃の素人芸は

    観るに耐えれないものが多い。

    だから復刻されない。

    ヨーロッパの映画が復刻されやすいのは、

    それなりに価値が高いからだ。

    芸術家は将来を見据えて作品を作るという。

    グレン・グールドはそれを意図して

    映像に残した模範的な芸術家だ。

    作品を世にだすのは生き恥をさらすことにもなる。

    若いときは解らないが、

    歳をとると解ってくることが沢山あるものだ。

    占い師をやるのも大変なプレッシャーを伴う作品作りだ。

    だから、世の中を見渡しなさい。

    どんな世界にも二流、三流がいる、

    あるから成り立っている、

    助かっている人がいるから。

     
    (カレー仙人)
    ----------------------------------------------------


    「推命学と人の相について」を読みたい方は、
    こちらから  ■■Tablet■■ http://tablet.cx/


    ----------------------------------------------------

    20:54 | 文化 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      20:54 | - | - | - | - | - |

      11
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      --
      >>
      <<
      --